花粉症の薬はなぜ眠たくなるのか。抗ヒスタミン薬のメカニズムを書いてみる

YOTA85_megatukareta15140305_TP_V
Pocket
LINEで送る

もう少ししたら、花粉症の季節ですね!

自分も花粉症持ちなので、このシーズンは鼻水が止まらなくて気分が落ちます。。。

 

病院や薬局に行けば、花粉症の薬を手に入れることができますが、花粉症の薬には、とある副作用がありますね。

それは、眠たくなるということ!

 

今日は、花粉症の薬に使われている抗ヒスタミン薬を飲むとなぜ眠くなるかを書いてみたいと思います。

 

花粉症の薬はなぜ効くのか?

花粉症のお薬として、抗ヒスタミン薬といったものがしばしば処方されます。

この抗ヒスタミン薬はくしゃみや鼻水の原因となるヒスタミンの働きを弱めてくれます。

 

花粉症では、花粉によってアレルギー反応が誘発され、体内でヒスタミンという物質が放出されます。

そのヒスタミンの働きによって、くしゃみや鼻水が出るのです。

そのため、そのヒスタミンの働きを弱めてあげることで、花粉症の症状が和らぐのです。

 

花粉症の症状を弱めてくれる抗ヒスタミン薬ですが、代表的な副作用として眠くなることがあります。

では、次はなぜ眠くなるかを説明しましょう。

 

抗ヒスタミン薬はなぜ眠たくなるのか

抗ヒスタミン薬は体内のH1受容体というところに作用します。

抗ヒスタミン薬はH1受容体に蓋をして、ヒスタミンがH1受容体に結合するのを防ぎます。

ヒスタミンがこのH1受容体に結合することによって、鼻水などの症状が出るので、結合することを妨害することによって、症状が緩和されます。

 

このH1受容体は脳にも存在しており、脳では少し働きが異なります。

脳のH1受容体にヒスタミンが結合することで、脳を賦活(活発化)させる効果があり、これが阻害されると眠くなります。

これが抗ヒスタミン薬を飲むと眠たくなる原因で、脳のH1受容体がブロックされることで眠たくなります。

 

しかし、近年作られた抗ヒスタミン薬は脳のH1受容体をブロックしないようにできています。

そのため、あまり眠くはなりませんが、体質によっては眠たくなる場合もあります。

 

抗ヒスタミン薬を飲む時は、副作用で眠たくなる可能性もあるため、車の運転などには十分注意してください。

 

まとめ

これから花粉症のシーズンで薬のお世話になることもあるかと思いますが、用法用量を守って正しくお使いください!

 

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。