[筋トレ]筋トレについて学んだことをたんたんとまとめてみる-基礎編-

N811_danberu-thumb-815xauto-14593 (1)

ここ2-3ヶ月、ずっと筋トレを続けてきました。

初めの頃はわけもわからず、とりあえず腹筋と腕立てだけやっていました。

 

しかし、やはり効率的に筋力アップするためには理論も必要ということで、筋トレについて勉強をはじめました。

かなり基礎的な内容ですが、勉強した内容をまとめていきたいと思います。

 

[筋トレ]筋トレについて学んだことをたんたんとまとめてみる-基礎編-

 筋トレで必要なこと

筋トレにおいて必要なことは大きく分ければ下記の2つかなと思います。

 

  1. トレーニングをして筋肉を大きくすること
  2. 余分な脂肪を落とすこと

 

1だけで筋肉を大きくしても脂肪が残っている場合は、筋肉が脂肪で覆われるため、腹筋が割れたり、ムキムキな体に見えることはありません。

そのため、1と2を効率良く行っていくのが必要です。

 

筋肉を大きくするために必要なこと

筋肉を大きくするために必要なことはざっくりと下記の2つです。

  1. トレーニングをすること
  2. タンパク質を摂ること

 

トレーニングをして、筋肉を傷つけることによって超回復が起き、筋肉が大きくなります。

また、筋肉を作る際の材料となるタンパク質を摂ることも必要です。

タンパク質はプロテインを飲むことでカロリーを抑えて摂取することができます。

 

脂肪を落とすために必要なこと

脂肪を落とすために必要なことは下記の3つです。

  1. ランニングなどの有酸素運動を行う
  2. 基礎代謝を上げる
  3. 食事内容を制限する

 

運動はベンチプレスみたいな無酸素運動とランニングのような有酸素運動に分けることができます。

この中で体の脂肪を燃やすためには有酸素運動が必要です。

ランニングは最低でも30分行うことで体の脂肪を燃やすことができます。

 

2の基礎代謝については、太ももの筋肉や背筋など体の中でも大きな筋肉を鍛えることで上げることができます。

腹筋ばかりしていて効果が実感できない人は脂肪が燃やせていない可能性もあるので、スクワットや背筋で大きな筋肉を鍛えるのも手だと本に書いてありました。

 

最後に食事内容です。

筋トレをしている方はよく炭水化物を摂取しないようにしています。

炭水化物の摂取を制限することで、脂肪の分解を促すことが狙いだと思います。

糖質(炭水化物)制限をすることで、余計な脂肪を落としているのです。

 

まとめ

まとめると、筋トレで効果を得るためには筋肉を大きくすること、余計な脂肪を減らすことの2つをバランス良く行う必要があります。

どちらかだけを行ってもなかなか効果がでないので、両方を行う必要があります。

 

とはいっても、継続することが一番大切なので、自分が一番続けやすいスタイルを見つけて徐々に理論通りのトレーニングに近づけていけばいいのかなとは思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。