独立不羈 by 天毛伸一 今年一番の良書!目が覚めるフレーズのオンパレード。

IMG_3783

友人からの薦めで独立不羈という本を読了しました!

先に感想から書きますが、今年読んだ本の中で1番良かったです。

読んでいる間、胸に突き刺さるフレーズばっかりで、1日で読み終わりました。

 

今日は独立不羈を読んだ感想と心に残ったフレーズをまとめておきたいと思います。

 

独立不羈 by 天毛伸一 今年一番の良書!目が覚めるフレーズのオンパレード

独立不羈を読んで突き刺さったフレーズ

独立不羈から響いたフレーズを引用します。

 

これがしたい。心からそう感じれば、あれこれ考えずに、とにかく行動すればいいんだ。行動すれば知恵も出るし、道も開ける。

最初の一歩を踏み出せば、あとは成り行きに任せて、走りながら考えればいい。

考えてから行動するのではない。考えるために行動するんだ。

 

人生にはたったの一日も、たったの一秒も、無駄な時間なんてないんだ。

著者の時間に対する価値観はすごく参考になりました。

それと行動を起こすことの大切さを新しい視点で学ばせていただきました。

考えるために行動するという発想はなかったし、行動すれば困難に遭遇してそれを乗り越えるための知恵がつくというのはおっしゃる通りだなと思いました。

 

人生は迷ったときこそ、初一念を貫き通すことが大切。

 

初一念は、初心と意味が近いと思います。

何かに迷った時にいつも目先の損得に振り回されがちですが、初心も大切だなと再認識しました。

 

「薩摩の教え 男の順序」

一、何かに挑戦し、成功した者

二、何かに挑戦し、失敗した者

三、自らは挑戦しなかったが、挑戦した人を手助けした者

四、何もしなかった者

五、何もせず批判だけしている者

 

自分はこの薩摩の教えが一番響きました。

何も挑戦せずに批判ばかりしている人を良く見ますが、失敗しても挑戦している人は魅力的だなと思います。

 

「独立不羈」を読んだ感想

IMG_3784

著者の時間を大切にする姿勢と行動力に感銘を受けました。

著者が大学卒業後に渡米した話や、資本金30万円で起業する話、東京に進出する話など、それぞれのタイミングでどんなことを考えて決断を下しているのかといったストーリーがとても刺激になりました。

是非本書でそのストーリーを読んでほしいです。

 

生き方がカッコいいし、その生き方の根っこにある考え方がすごく勉強になりました。

自分ももっと挑戦して、前進して、成長したいなと思える本でした。

仕事へのモチベーションもすごくあがりました!

 

今年読んだ本の中では一番良かったので、皆さんもぜひ読んでみてください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。