人生は見切り発車でうまくいく by 奥田浩美 -人生の面白さとチャレンジの回数は比例する

IMG_3188

IT業界では女帝と言われている奥田浩美さんの著書「人生は見切り発車でうまくいく」を読んだので書評を書きたいと思います。

行動力を高める他にも、失敗をした時の考え方、目標を達成するためにどうやって仲間を作るかなど、著者の経験に基づくヒントが散りばめられていました。

読み始めたら面白くて3日くらいで読み終わってしまいました。

著者のキャラクターがにじみ出ている本で最後まで楽しく読み終えることができました。

 

 

 人生は見切り発車でうまくいく by 奥田浩美 -人生の面白さとチャレンジの回数は比例する

 

 行動力を高めるアイデア

かっこいいと思えることを一番にやる

動く前にあれこれ考えてしまう自分にはこの言葉が一番響きました笑

本当にうまくいくのだろうか、損しないだろうかなどぐだぐだ考える前に、かっこいいからやってみる!とシンプルに考えて動いてしまうのもありだなと思いました。

下記は著書からの引用ですが、かっこいいと思う=自分がやってみたいということなので、かっこいいことをやった方が、能動的に取り組めるし、情熱が周りに伝わるので、結果が出やすくなるのは必然だなと感じました。

 

失敗を大前提に、かっこいい順にトライアンドエラーをして経験を積んでいけばいいのです。自分がかっこいいことを選べば、言い訳もしにくくなります。自分がかっこいいと思って、情熱的に取り組むことは、そのパワーが周りに伝わり他人も巻き込みやすくなります。

 

「かっこいいことをやる」、シンプルだけどこれほど行動力が高まり、周りの協力も得られるようになる極意はないのではと思いました。

 

30点で動く、失敗前提で動く

机の上であれこれ悩んでいるより、やってみて検証した方がスピーディーに解決することの方が多いと著者は主張しています。

実際にビジネスでもサービスなども市場に出して反応を見ながらブラッシュアップしていくという手法もあるそうです。

 

やってみたいと思ったことをやってみる、それでしっくりこなかったらまた別の方法を考えるという手法を取ることで悩んで無駄に時間を過ごすよりは効率的にゴールにたどり着けるかもしれません。

失敗しても良い、まずはやってみるという姿勢がチャンスをつかむのかもしれません。

 

 失敗した時どのように次に活かすか

ポジティブ

失敗した時こそ全体を見渡せるチャンスと捉える

 失敗や挫折は、目標を達成するまでの1つのプロセスに過ぎません。何かが決定的に終わったのではなく、まだ「保留状態」なだけなのだと思います。何かにトライして結果が得られなかったことの中には、必ず自分がやりたかった種があるはずです。失敗することで、「自分」を離れ、「全体」を見渡す視点を持てます

 

失敗が成功のためのプロセスだという考えは色々な本で紹介されていますが、失敗が全体を見渡せるチャンスだという考えは新鮮でした。

確かに自分が失敗してきた時も、自分のことしか考えてない時が多く、失敗の度に自分に関わる人のことを考えたり、全体最適になっていたかを考え直します。

また、失敗することで、自分が今まで考えもしなかった考え方を身につけることができたと思います。

 

失敗=全体最適を考えるチャンスと捉えて、失敗を前向きに捉えられそうな気がします。

 

仲間を増やすための考え方

想いが人を動かす

あきらめない想いがあって、初めて人は動く。

成功する人は想いの強さがあると思います。

その人の想いに共感できること、協力したいと心から思えることが仲間ができる一番の秘訣だなと思います。

 

自分が持っている情報をシェアすること

自分が欲しい情報を提供してくれる人と繋がりを持ちたいと多くの人が思うと思います。

奥田さんの本では、情報をシェアしている人のもとにはチャンスが集まりやすいと書いてあります。

それは、自分に有益な情報をシェアしてくれる人には自分も有益な情報をシェアしたいと思うからです。

 

つまり、自分一人で情報を集めるよりも他の人の情報も守備範囲に入ることで範囲が広くなり、より有益な情報をキャッチしやすくなるということ。

他の人が有益な情報を提供したいと思える人になるためには、周りの人の役に立つと思える情報を積極的にシェアすることが大切だとのことです。

 

この考え方がとてもインパクトのある考え方だなと思いました。

確かに、その人が欲している情報をうまく提供できた時には、関係がすごく良好になった経験があります。

自分がして欲しいことを他の人にもするという姿勢がすごく大切だなと思いました。

 

まとめ

IMG_3188

今日から下記のことを意識して生活したいと思います。

  • 周りの人に積極的に情報を提供する。特に自己啓発の本については自分の得意分野なので、情報を求めている友人にはシェアする
  • 自分がかっこいい、やってみたいと思うことを始める。自分の夢のステップを細分化し、計画を立てる

 

何も行動を起こさなかったら人生はこのまま。

逆に行動を起こす人はある程度人生は選択できるんじゃないかなと日ごろから思います。

行動を起こして、失敗しても改善のチャンスを得ることができるし、成功すればもちろん自分の人生は良くなる。

そう考えると行動を起こさないとデメリットしかないのではないかと思いました。

何より、動いている自分の方がかっこいいですよね!

自分のできる範囲からコツコツと行動を積み重ねていきたいと思いました。

 

奥田さんの本は読んでいて自分の人生にワクワクするような感覚になりました。

そして、奥田さんが人生で結果を出したヒントがすごくシンプルにまとめてありました。

読んでいただけると自分の人生が良くなるヒントが得られると思いました。

是非、読んでみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。