【書評】全ての悩みを解消する3つのアイデア by 嫌われる勇気

IMG_3197[1]
Pocket
LINEで送る

少し前に読んだ「嫌われる勇気」について、書評を書きたいと思います。

嫌われる勇気はアドラー心理学について解説してある本です。

 

以前、アドラー心理学を解説している本で「アルフレッドアドラー人生に革命が起きる100の言葉」という本の書評を書きました。
アルフレッドアドラー人生に革命が起きる100の言葉 by 小倉 広 -他人からの評価を気にせず自分の課題に集中する。

嫌われる勇気は上記の本とは異なり、物語形式で書かれています。

 

主人公がアドラー心理学に詳しい哲人と対話しながらアドラー心理学について解説されていきます。

本書の中では主人公がかなり批判的にアドラー心理学を捉えるので、哲人とよく口論になります笑

主人公の批判的な意見やそれに対する哲人の反論なども参考になりますので、本の中でこのようなディスカッションを繰り広げるのもありだなと思いました。

 

それでは、早速書評を書いていきましょう。

【書評】全ての悩みを解消する3つのアイデア by 嫌われる勇気

全ての悩みを一気に解消するには自分の信じる最善を生きること

人の全ての悩みは対人関係の悩みに行き着くとアドラー心理学では解説されています。

その対人関係の悩みを解消するためには、常に自分の信じる最善を生きることだと本書では解説されています。

ではどうすれば、自分の信じる最善を生きることができるのか。

 

現実の世界では、色々な事情から常に自分がこうしたいと思っていることを選択できない場合もあると思います。

そこで、本書ではどのように考えたら自分の信じる最善を生きられるようになるかアイデアが提供されています。

今回は下記の3つのアイデアについて、紹介したいと思います。

  1. 他者の人生を生きない
  2. 課題の分離
  3. 自己への執着を他者への関心に切り替える

 

1.他者の人生を生きない

他者の期待を満たすことばかり考えるのではなく、自分に正直になって自分のやりたいこと(=自分の人生)を生きるということです。

他者の人生を生きているという状況は、他者の期待を満たすことばかりに意識がいっている状態です。

 

下記は本書からの抜粋です。

 

「自分が自分のために自分の人生を生きていないのであれば、いったい誰が自分のために生きてくれるだろうか。」と。あなたはあなただけの人生を生きています。誰のために生きているのかといえば、無論あなたのためです。そして、もし自分のために生きていないのだとすれば、いったい誰があなたの人生うを生きてくれるのでしょう。究極的には「わたし」のことを考えて生きている。そう考えてはいけない理由はありません。

 

他者からの承認を求め、他者からの評価ばかり気にしていると、最終的には他者の人生を生きることになります。

 

自分勝手に生きれば良いというわけではないと思いますが、人の期待に応えるために窮屈な人生にする必要はないということだと思います。

僕の周りには本当に楽しそうに人生を謳歌している方がいますが、人生は自分の選択と努力次第で何とでもなるなぁとその人達を見ていて思います。

 

法律の範囲内で、社会正義に反しないのでれば、人の評価を気にせず、やってみたいと思うことをやった方が、モチベーションも出やすくて結果も後からついてくるのかもしれないですね。

 

2.課題の分離

課題の分離はアドラー心理学の中で解説されている概念です。

簡単に言えば、人の問題に首を突っ込むなということなのかなと思いました。

 

例えば、自分の子供が宿題をやらなかったとして、親は宿題をやりなさいと言ったりします。

ここでは宿題をやるかどうかは子供の課題であって親の課題ではないので、親が無理矢理子供に宿題をやらせようとしても子供は反発するでしょう。

同じように人の課題に首を突っ込んで解決しようとすると嫌がられる事が多々あると思います。

例えば、親が子供の配偶者選びに首を突っ込んだり、進路選択に首を突っ込んだりなどなど。

(教育について、決して放任主義を推奨しているわけではありません。本書の中でも放任すれば良いというわけではなく、子供を見守り、いつでも援助ができることを伝えることがとても大切だと書かれています。)

 

自分の課題と人の課題を分離し、自分の課題の解決に集中することが大切だとアドラー心理学では言われていました。

人の課題まで背負い込むと、逆に人間関係が悪くなったり、自分では解決しようがないのでストレスがたまります。

 

自分も無意識のうちに、他人の課題を自分の課題と勘違いして、解決しようとすることがあります。

だいたいそういう時は、人間関係が悪くなるか、解決できずにイライラするだけでした。

課題を的確に分離することができたら、どんなに人生が楽になるだろうかと思います。

 

また、本書では他者が自分に対してどのような評価を下すかということは、他者の課題だと書かれています。

自分の選択に対して、他者がどのような評価を下すかは自分ではコントロールできない領域であって他者の課題だとのこと。

 

だから、他者の評価は気にせず、自分が最善だと思うことをやれば良いと思いました。

 

3.自己への執着を他者への関心に切り替える(他者貢献)

PAK86_ahirukaranoplz1278500 (1)

課題の分離を行い、自分の人生を生きることができたら、次は自己への執着を他者への関心へ切り替えることが大切だと書かれていました。

本書では対人関係のゴールは共同体感覚だと表現されています。

つまり、他者と敵とみなすのではなく、仲間としてみるということです。

 

自分がどうやったら評価されるのか、どうやったら自分の利益になるのかなど、自分視点で考えるのではなく、どうやったら周りの人が喜んでくれるのかなど他者を中心に考えるということです。

 

人の期待を満たすために生きていけないと上記で書いてあるので少し矛盾するように聞こえるかもしれませんが、多くの人がなぜ他者の期待に応えたいかというと、自分を評価して欲しいからだと思います。

つまり、自分中心に考えているということです。

 

他者を仲間と考え、見返りを求めず、他者に貢献する人の周りには人が集まります。

その結果として幸福になる確率が上がるということだと思いました。

 

自分の体験でも、困った時に助けてくれる友人や自分が欲しい情報を提供してくれる人とは関係が良好になり、長い付き合いになることも多いと思います。

 

自分が自分がと考えていた時よりは、どうやったら周りの人が喜んでくれるだろうかと考えた時の方がわくわくするし、肩の力も抜けて自然体でいられるような気がします。

この共同体感覚は自分の人生にとてもインパクトのある考え方だなと思いました。

 

まとめ

IMG_3197[1]

人の人生を生きてはならないというのは、スティーブジョブスも有名なスタンフォード大学のスピーチの中で言っています。

会社を見ていてもほとんどの人が他者からの期待を応えるために、人の人生を生きているような気がします。

 

インターネットのおかげで色々な働き方が世の中にはありますし、そういった働き方の中に自分が本当にやってみたいことってあるんじゃないかなと思います。

しかしながら、自分が知らなければ選択肢にも入らないので、選択肢を増やす(知る)ことが大切だと思いました。

こんな生き方があるんだという風に選択肢が増えれば、やってみたいことが出てくるかもしれません。

 

そうしたら、他者の期待を生きる人生ではなくて、自分のやりたいことをやる人生(=自分の人生)を生きたい!と思えるのかなと思いました。

 

やりたいことさえ見つかれば、後は課題を分離し、共同体感覚を大切にしながら、人生を設計してみたらとても面白い人生になるな!と思いました。

 

僕はブログで情報発信をしていて、とても面白いなと思うので、これからもブログを書いていきたいと思います。

僕のブログの情報で悩みが解決したりする人が出てきたら、とても嬉しいことだなと思います。

 

今回の「嫌われる勇気」という本ですが、ビジネス雑誌などにも紹介されているところを見たことあります。

是非、読んでみてください。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。