ブログを継続して2ヶ月が経ちました。継続力をつけるために大切にしてきた3つのこと

IMG_3136[1]

ブログの毎日更新まではできていませんが、直近2ヶ月くらいは2~3日に1回は更新できる習慣が身についてきました。

ブログに力を入れるようになったきっかけは月間160万PVを誇る人気ブログ「No second life」の立花岳志さんのブログセミナーに参加したことです。

セミナーの詳細は下記の通り。(下記は初心者向けでしたが、5月には中級者向けのセミナーも開催されます)

1/24(土)「プロが教える 始めよう!楽しもう! ブログ 入門 & 再チャレンジ スタートアップ セミナー in 東京」 開催します!

 

飽き性の自分がブログを継続できたのも、これから紹介する3つのポイントを押さえたからだと思います。

ブログに限らずどんなことにも適用できると思うので、ブログを通して学んだ継続力を身につけるために大切にしてきたことを紹介したいと思います。

 

ブログを継続して2ヶ月が経ちました。継続力をつけるために大切にしてきた3つのこと

仲間を作ること

僕が2ヶ月ブログを継続できたのは、ブログ仲間のおかげです。

ブログ仲間が頑張ってブログを更新しているのを見ることで、自分もモチベーションが維持できて、継続することができました。

 

ブログ仲間とは立花さんのブログセミナーで知り合いましたが、みんなそのセミナーの後からブログに力を入れるようになって、コツコツと記事を書いています。

今でもFacebookのグループで繋がっていて、ブログを更新したら更新報告をし合っています。

また、先日オフ会も開催され、ブログを運営していく中で、悩んでいることや役に立った情報をシェアしてきました。

オフ会については下記のリンク先の記事を参照

 【ブログ】ブロガーオフ会に行ってきました。オフ会に参加する3つのメリット

 

ブログの記事を書くことは地味な作業なので、一人でやっていたらモチベーションを維持するのはなかなか難しかったなと思います。

ブログ仲間が継続して記事を書いている姿から、刺激を貰って今もブログを継続できています。

 

 長期的な「楽」に焦点を当てること

ブログを継続するために、意識的にブログを書くメリットや、ブログを通してどういうことを成し遂げたいかを想像するようにしていました。

 

理由としては、人間の脳は、選択肢として「苦しいこと」と「楽なこと」があった場合は、楽な方を選択するようにできているからです。

ブログの更新が「苦しいこと」として認識された場合は、それよりも楽なこと(遊びとか寝ることなど)が優先されます。

それを防ぐために、ブログを書くメリットに焦点を当てることで、長期的に見たらブログを書くことが自分のやりたいことに繋がるため、結果的に「楽」になると自分に刷り込んでいました。

 

例えば、校庭を100周走ってきてくださいといわれたら、ほとんどの人が嫌だなと思うと思います。

でも、校庭を100周走ったら、100万あげますといわれたら、100周走れる人も出てくるかもしれません。

 

そんな感じで、長期的に得たい結果やメリット(上記の例でいえば100万円もらえること)を意識することで、短期的な楽(遊び、寝ることなど)と長期的な楽(ブログを書いてブランディングや出版などに繋げること)を戦わせて、長期的な楽を優先させるようにしてきました。

 

あと、ブログ続けていたら、PVも増えてきてブログを書くこと自体が楽しくなってきました。

今は長期的なメリットとか堅苦しいことは考えずに、楽しいからやってるみたいなシンプルな状態で続けられるようになったなと思います。

 

先行投資をすること

立花さんのブログセミナーは1日で1万円という価格でした。

また、独自ドメインでブログを立ち上げたので、ドメインの取得代とサーバーのレンタル代もかかっています。

 

ブログを続けられるかわかりませんでしたが、自分がやりたいことをやるためにはブログの力が必要だなと思って先行投資しました。

その先行投資がすごく良かったなと思います。

お金を先払いしているので、それを取り戻すためにブログを書いて結果を出したいと思えます。

無料で始められるブログだったら、簡単に始められる分だけ簡単にやめてしまっただろうなと思います。

 

まとめ

今回はブログの継続のために効果があったことのまとめとして書きましたが、ブログ以外のことにも応用できると思います。

自分は仲間を作ることが継続のために一番効果があると思うので、飽き性であまり継続できないという人はサークルに入ったり、セミナーに出たりして仲間を作ると継続できるようになるかもしれません。

 

これからも頑張ってブログを更新していきたいと思います。

 

<ブログランキング参加中です。応援ポチいただけると嬉しいです。>


ビジネス書 ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 一般書・実用書へ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。