社会人になって3年が経ちました。学生の時には感じなかったことをまとめてみます

ZOM93_nekutaidanshi20140503500-thumb-900x600-4583
Pocket
LINEで送る

今年の4月で社会人として働いて3年になりました。

社会に出てみて、学生の時には気づかなかったことや、社会人になって思うことがあったので、まとめてみたいと思います。

 

自分で節目を作らないと節目がない

当たり前のことですが、大学生の頃のように4年経ったら大学卒業とかそういった節目が社会人にはありません。

いつまでに何を達成するとかそういう節目を自分で作らないとずるずると時間だけが過ぎていきます。

 

また、大学生の時は4年経ったら就活とか大きなイベントが待ち構えていたので、それに向けて自分を磨いたり、色々な経験を積むとか意識することがありましたが、社会人では大きなイベントは自分で作らないとありません。

そのため、何も考えずに過ごすと時間だけが過ぎ、会社から与えられた目標はこなしているけど、自分が本当に達成したい目標は全く達成していないという状況になってしまうなと思いました。

 

キャリアは自分次第

社会人になって思うのは、どんな自分を作るのも自分次第だということ。

学生の時は目の前の勉強に集中していたし、定期テストに追われていてとにかく薬学の知識を得ることに夢中でした。

学生の時には気づかなかったのですが、時間やお金の使い方次第で自分のキャリアを変えることができると思います。

 

ブログを書くのも良し、趣味に没頭するのも良し、仕事で必要な能力開発に使うのも良し。

将来どんな目標や、ライフスタイルを達成したいか自由に決められるし、それを達成するためにどんな仕事を選んでも良いと思いました。

 

大学で習ったことはほとんど使っていない。対人スキルがすごく重要

大学では化学とか生物とか色んなことを学びましたが、仕事で使っている知識はそのごく一部だけです。

ビジネスは人と人とのやり取りなので、対人スキルがものすごく重要だと感じました。

 

人に物事をうまく伝えられたり、すぐに打ち解けられたり、そういったスキルがあると仕事がしやすいだろうなと思います。

 

でも、大学で一生懸命勉強した経験は無駄にはなっていません。

自分で目標を立てて、一生懸命勉強したおかげで、自分に自信を持てるようになったし、メンタルもタフになったので、その経験はかなり役に立っています。

 

大学では勉強に力を入れると同時に、サークルで部長をやるとか、学生団体に参加するとかそういうところで対人スキルを磨いておけば、色々役に立ったかなと思います。

 

まとめ

社会人になって思うことは、人生自分次第だなと思いました。(学生の時も自分次第なのですが。。。)

節目がないだけに、自分の目標を立てて、毎日を充実させて、目標達成に向かうことがすごく大切だなと思います。

「時間は有限」なので、時間の使い方にはこだわっていきたいなと思いました。

<ブログランキング参加中です。応援ポチいただけると嬉しいです。>


ビジネス書 ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 一般書・実用書へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。