読書をしていて良かった2つのこと

N112_honwoyomiwaru500-thumb-750x500-1949
Pocket
LINEで送る

たまには本の紹介だけでなく、読書の素晴らしいところを宣伝してみようと思う。

 

19才のころから8年間読書をして、読書のおかげですごく自分を変えることができたなという実感がある。

あの本に出会っていなかったら自分は今頃どんな生活をして、どんな考え方、どんな人に囲まれて生きているのだろうと思うことさえある。

 

今日は、自分を良くしてくれた「読書」について、書こうと思う。

僕はもっぱら自己啓発本とビジネス書を読んでいるので、それらの本を読むメリットを挙げる。

 

読書をしていて良かった2つのこと

1.新しい考え方や生き方を知ることができる

自伝を読んでいると良く思うのだが、こんなにドラマチックな人生を送っている人がいるんだとか、こんなに苦しい状況から成功した人がいるのかと思うことがよくある。

そういった生き方を知るだけで、自分の人生をもっと面白くできるんじゃないかなとか、こういう挑戦をしたら面白いんじゃないかなと思える。

また、その人達がどういう考え方をして結果を出したのかを知ることがすごく面白いし、新しい考えに触れるだけで自分の幅を広げられると思う。

 

読書をすることで、普段は会えない人(著者)から、本を通して色々なことを教えてもらうことができるので、普段は触れることのできない色々な価値観に触れることができる。

 

2.友達に本を勧めて感謝される時がある

友達が悩んでいる時に、そんな時はこの本を読むと悩みが解決するかもしれないなぁと思い浮かぶ時がある。

そういう時はその本のことを教えたり、貸したりするのだが、読んでくれた時はすごく喜んで本を返してくれることが多い気がする。

 

しかも、同じ本を読むと共通の話題ができるので、話が盛り上がって親しくなることができる。

自分が偉そうに色々教えると煙たがられるが、本を介すと友人にもメッセージが入りやすかったりする。

 

読んだ本の数が増えれば、それだけその人に合った本をチョイスできるので、その人に合った本を勧められる確率があがる。

読書をしてつけた知識を他の人にも還元できるのが、読書の大きなメリットだと思う。

 

まとめ

読書量と年収は比例するというデータもあるらしいが、本を読むことで確実に自分という器を大きくできると思う。

様々な価値観や考え方に触れるだけで、自分の考え方の幅も広げることができる。

 

また、成功者の本を読むと結果を出す人に共通した考え方なども見えてくる。

自分はたくさんの本を読むということは、たくさんの人に会って色々な話を聞くのと同じだと思う。

 

1000円程度の投資でこんなにメリットのある読書はすごく良い投資だなと思うので、みなさんも是非、読書をしてみてください。
<ブログランキング参加中です。応援ポチいただけると嬉しいです。>


ビジネス書 ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 一般書・実用書へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。