2050年の日本はどうなっている? 21世紀を生き抜く3+1の力

21世紀を生き抜く3+1の力
Pocket
LINEで送る

佐々木裕子さんの著書 21世紀を生き抜く3+1の力を購入しました。

 

佐々木さんは以前はマッキンゼーで働かれており、現在は独立し、変革実現のサポートと変革リーダーの育成を事業としていらっしゃいます。

 

本書では人口減少、高齢化などの視点から2050年の日本がどういう状態になっているのか、世界がどういう状態になっているのかなどをデータで示されていました。

 

そこから、経営コンサルタントの視点で21世紀を生き抜くためにはどんな能力が必要なのか解説されています。

 

まだ半分くらいしか読めてないけど、2050年の日本の未来はあまり明るくなさそう;;

また、世界がこんなに変わるなんて想像していなかったという衝撃を受けました。

でも、周りの環境がどうあれ、考えて、行動する人にはチャンスがめぐってくる時代になるのかなという印象でした。

 

また読了したら感想を書きますが、自分にとっては知らない世界を学ばしていただいています。

読み始めてみた感想でした。

ビジネス書 ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 一般書・実用書へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。