吉越浩一郎氏の講演から仕事の効率化、経営者マインドを学ぶ。ツナゲルアカデミー第3講

IMG_3104
Pocket
LINEで送る

月間160万PVを誇る人気ブログ「No second life」の著者、立花岳志氏主催のツナゲルアカデミー第3講に出席しました。

ツナゲルアカデミーは5年後までに自分の行きたい人生を生きている人になることを目的として、毎回豪華なゲストをお招きして直接お話しを伺うことができます。

↓(詳しくは立花さんのブログへ)

http://www.ttcbn.net/no_second_life/archives/40866

 

今回の講師は元トリンプインターナショナルジャパンの社長の吉越浩一郎氏でした。

吉越さん

 

吉越さんは社長として、19年連続増収増益を成し遂げ、かつ社員の残業ゼロも達成したという超一流の経営者です。

超一流の経営者から経営者マインドを学んで欲しいという立花さんの思いがあり、今回の講演にお招きしたとのことです。

吉越さんは企業向けの研修は行っていますが、個人主催のセミナーではお話しされないとのことで、貴重なお話を伺ってきました。

 

デッドライン仕事術と残業ゼロ

 

講義を聞いて改めて私生活が超大切だということを痛感しました。

仕事だけでなく、私生活、人生全般を充実させることで仕事でも常に最高のパフォーマンスを出せる状態にしておくことが大切だということを学びました。

 

まず、残業をゼロにすることをコミットし、すべての仕事にデッドライン(期限)をつける。

そして、デッドラインは必ず守るように徹底してやり遂げることが大切だと説明されていました。

デッドラインをつけることで、何が何でも間に合わせるという意識が芽生え、そこから仕事を効率的にこなす工夫も出てくるとのこと。

 

今までついつい後回しにしていた仕事も常にデッドラインを設けて効率的に仕事を片付けていくことを決意しました

 

感想とまとめ

 

IMG_3073

人生は仕事だけでなく、ワークライフバランスが大切だということを認識することができた。

しかし、仕事は徹底的に行う。

そのため、プライベートの時間を確保するためには、考え抜いて効率的に仕事を行うことが大切だということを学ぶことができた。

 

また、仕事をする時は自分のビジネスであるかのように主体的に仕事が大切だとおっしゃっていた。

むしろ、独立して自分のビジネスを持ったほうが面白いとおっしゃっていました。笑

このことから、改めて自分のビジネスを持ってみたいという思いが強くなりました。

そのためにも、今は掲げた目標を徹底的にやり遂げる力を身につけていきます。

 

今日から下記のことを実践していきたいと思います。

  • 残業ゼロを意識する
  • すべてのタスクにデッドラインを設ける
  • がんばるタイム(トイレにもいかず、仕事に没頭する時間)の導入
  • 運動や遊びの時間を増やす

 

以上です。

次回のツナゲルアカデミーは1月に開催されるので、それまで上記のことを実践し、受講前にはレビューしたいと思います。

IMG_3104
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。