[書評]レバレッジリーディング 効率的に多読する方法

IMG_3905
Pocket
LINEで送る

本田直之さんの著書、「レバレッジリーディング」を読了しました!

昨日、森の図書室というところに行ってきたのですが、そこでたまたま見つけたので読んでみました。

 

読書術の本は読んだことがないので、学んだことをまとめておきたいと思います。

 

[書評]レバレッジリーディング 効率的に多読する方法

目的を持って本を読むことをが大切

本田直之さんは少ない時間でより多くの結果を出すためにはどうしたら良いかという視点で色々な本を出しています。

今回は読書術に焦点を当てていますが、そこで大切なポイントは目的を持って本を読むことです。

 

また、読む本を選ぶ際にも目的を持って本を選ぶと良いと書いてありました。

 

なぜ、目的を持って本を読む必要があるのか。

 

それは、重点的に読む箇所と飛ばし読みする箇所を自分の中で定義するためです。

短い時間で多読するためには、当然ながら自分にとって必要のない箇所に時間をかけていられません。

自分の中でどういう目的で本を読むのか明確にしておけば、必要のない箇所を見分けることができ、飛ばし読みすることができます。

また、目的を持って本を読むことで、カラーバス効果が働き、自分の欲しい情報が手に入りやすくなります。

 

重要なところに時間をかけ、そうでないところには時間をかけないことが、レバレッジを効かせるコツだと学びました。

学んだ内容をメモにして何度も見返す

本を読んだ後に学んだ内容をどれだけ実践できるかで、読書の価値も変わります。

本を読んで満足して終わりというだけでは、読書に投資した時間がもったいないです。

 

本田直之さんが実践していることは、読んだ本で心に響いたり、大事だと思っていることをワードでまとめて常に持ち歩いているそうです。

それで、時間がある時にそのメモを何度も見返しているみたいです。

 

学んだ内容を体に浸み込ませ、自分のものになるまで見返しているみたいです。

 

自分の場合は、本で学んだ内容はブログの記事としてまとめているので、ブログ記事を見返すことで、体に浸み込ませていこうと思いました。

 

まとめ

 

IMG_3905

今まで、本を選ぶ時は面白そうとか、人が勧めてくれる本を読みまくっていましたが、今後は目的を持って読んでいこうと思いました。

自分に必要なところをうまく抽出して、確実にそれを吸収していくということが大切だなと思いました。

 

レバレッジリーディングはとても読みやすく、1.5時間くらいで読めたので、興味があったら、是非読んでみてください!

 

[書評]自分の小さな箱から脱出する方法 感想とまとめ

 

元スターバックスCEO岩田さん著 ミッション/感想とまとめ[書評]

 

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。