元スターバックスCEO岩田さん著 ミッション/感想とまとめ[書評]

IMG_3859
Pocket
LINEで送る

IMG_3859

 

元スターバックスCEOの岩田松雄さんの著書「ミッション」を読みました。

世の中には仕事の「やり方」を説明している本は数多く出版されています。

しかし、今回の本は、やり方ではなく、「あり方」に焦点を当てた内容でした。

 

自分達はなぜ仕事をするのかというシンプルだけど、深い内容を考えさせてくれる1冊でした。

 

では、さっそく、まとめと感想を書いていきます。

 

元スターバックスCEO岩田さん著 ミッション/感想とまとめ[書評]

火花散る一瞬とは?

本書は岩田さんが新卒で入社した日産自動車の溶接工場を見学しているシーンから始まります。

その溶接工場で岩田さんは上司からこの工場で価値を生み出しているのはあの火花が散っている瞬間だけだという話を聞きます。

つまり、火花を散らして溶接しているその一瞬だけだということです。

 

会議を何時間やろうが、在庫を何日抱えようが本質的に価値を生み出しているのはこの火花散る一瞬だと上司の方は話します。

 

その後、岩田さんは世界的な飲料メーカー、外資系コンサルティング会社、ベンチャー企業、ザボディショップ、スターバックスなどの企業で勤めます。

各企業で働く間も、それぞれの会社で最も価値を生み出している瞬間(=火花散る瞬間)は、どんな時なのかを考えていました。

 

お客さんが商品を買って笑顔で帰る瞬間など、本質的に価値を生み出している瞬間はいつなのかを常に意識して仕事をしていたそうです。

 

「スターバックス」と「スターバックスらしきもの」の違い

世の中にはカフェはいくらでもありますが、多くの人はスターバックスとそれらしいカフェという分け方をしていると岩田さんはおっしゃっています。

なぜスターバックスだけ特別なブランドとして意識されているのか。

 

それは、ミッションが浸透しているからだと本書では書かれています。

ミッションこそがブランドを形作っているものだとのこと。

 

真に顧客のため、世の中に提供したい価値のために働いている企業は、顧客から何となく商品を購入されるという状態ではありません。

そういった企業は「ご指名買い」の状態です。

スタバを例にすると、ただコーヒーを飲みたいという理由ではなく、「スタバに行きたい」という理由で来店されます。

 

そういった価格を超えた価値を提供し続けられる企業は、価格競争に飲み込まれずブランド化していくとのことでした。

売上ではなく、企業として世の中に提供したい価値(火花散る瞬間)を定義し、それを徹底的に行うことがブランド化する過程だなと思いました。

 

読んでみた感想

本書で言われているとおり、ミッションが浸透している会社や人と会うと、この人みたいになりたいと思うし、その会社のことが好きになるという実感はありました。

お金以外の理由がモチベーションで働いている人を見るとすごく魅力的だなとも思います。

 

また、日々仕事が忙しい中、自分がどれくらいミッションを意識しながら働いているかなと振り返ることができました。

 

現時点の自分のミッションは下記のとおりなので、記録として残しておきます。

  • 世の中から病気を1つでもなくすこと
  • 凡人でも正しく行動すれば結果を出せることを証明すること

 

自分のミッションを振り返る良い機会になりました。

また本書では自分のミッションの見つけかたのヒントも書いてあったので、気になる方は読んでみると面白いと思います。

 

とても読みやすい本だったので、みなさんもぜひ読んで見てください!

 

2015年に読んだ本の良書ランキング!読んでおきたいビジネス書、自己啓発など

独立不羈 by 天毛伸一 今年一番の良書!目が覚めるフレーズのオンパレード。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。