[書評]お金が貯まるのはどっち!? by菅井敏之 賢いお金と信用の増やし方

thumbnail.jpg

元大手銀行の支店長を務めた菅井敏之さんが書いた、「お金が貯まるのはどっち!?」を読みました。

最近、フェイスブックでも読んだという報告が何件かあって、本屋で平積みになっていたので、僕も購入してみました。

本のタイトルにもある通り、「お金は貯まるのは○○と××だったらどっち!?」みたいな質問の投げかけがいくつも登場します。

 

それらの、回答を基に銀行の支店長だった経験を踏まえて、アドバイスが書かれているといた内容でした。

内容としては、非常に読みやすく、理解しやすい言葉で書かれています。

お金にまつわる話として、保険のことなども書かれていました。

 

 

それでは、読んでみた感想を書いてみたいと思います。

 

[書評]お金が貯まるのはどっち!? by菅井敏行 賢いお金と信用の増やし方

本のあらすじ

本書はざっくり分類すると下記のような内容が書かれています。

  • お金の貯め方
  • お金の増やし方
  • 銀行との信用の築き方

特に、銀行と信用を築くという視点は、普段あまり気にしない点だと思います。

 

銀行と信頼関係を築いて、お金を借りるというのは、会社経営したりとか、大きなローンを組む時の話になると思ってました。

なので、今の自分には関係ないと思っていましたが、本書を読んで考え方が変わりました。

 

普通のサラリーマンでも銀行との信頼関係を築いておくべきだと思いました。

また、信頼を築くのには時間がかかるので、今から行動すべきだと思いました。

 

 

また、大企業ばかり相手にしているメガバンクではなく、中小企業などにもお金を貸している信用金庫とどう関係を築くかがキーになってくることを学びました。

元大手銀行の支店長で、今は銀行からお金を借りながら不動産経営をし、年間7千万の不動産収入がある著者ならでは考え方に触れることができます。

 

本書を読んだ感想

やっぱりお金のことはちゃんと勉強しておかないと損するなと思いました。

お金について学んでおくだけで、時間を味方につけてお金を増やすこともできます。

 

お金があれば、人生の中でできることの選択肢も増えるので、賢くお金を増やしていくことはとても大切だと思いました。

 

また、本書では、難しい投資の話などは一切書いてありません。

しかし、お金を貯めるための管理方法や増やし方、将来のためにどうやって銀行と関係を築くかが書いてあります。

 

基礎的な概念や生活習慣を学ぶことができるので、万人に読んで欲しい本かなと思いました。

 

まとめ

今までお金に関する本はあまり読んでこなかったのですが、これからは少しずつお金に関する本も読んでいこうと思います。

世の中にはお金稼ぎ=悪いことみたいに考えている方をたまに見かけますが、自分はお金はすごく大切だし、人生の幅を広げてくれると思っているので、賢く増やしていく方法をこれからも勉強したいと思います。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。