タバコの害。喫煙することによって起こる3つの主なデメリット

ookawatabako20150201184413_TP_V
Pocket
LINEで送る

昔、ヘビースモーカーだった祖父が肺を患い入院していたので、ふとタバコの害について調べてみようと思いました。

どうせならブログの記事にして情報発信した方がみんなにも読んでもらえるので、今日はタバコについての記事を書きたいと思います。

 

タバコの害。喫煙することによって起こる3つの主なデメリット

喫煙のデメリット

1.呼吸器系の疾患のリスクがあがる

喫煙によってかかりやすくなる病気として肺がんは有名ですが、慢性閉塞性肺疾患(COPD)という病気にもかかりやすくなります。

内科学の教科書にもCOPDの外的要因(喫煙)と記載があります。

 

COPDは肺気腫慢性気管支炎などによって引き起こされる疾患です。

 

肺気腫とは、血中の二酸化炭素と酸素の交換を行う場である肺胞が壊れる病気です。

肺胞が壊れることによって、ガス交換が上手くできなくなる病気です。

体に必要な酸素が取り込めなくなるため、息切れや咳が多くなります。

 

また、慢性気管支炎とは、気管支が炎症を起こすことで、咳や痰が出る病気です。

炎症が慢性化すると気管支の壁が厚くなり、気管支が狭くなります。

 

肺気腫と慢性気管支炎によって、肺から空気をうまく吐き出せなくなり、酸素不足になって息切れを起こすのがCOPDです。

 

2.お金と時間がかかる

2015年12月現在、JTのホームページを見ると。たばこ1箱の価格はだいたい400円以上はする印象でした。

1箱/日で吸うとすると、

 

400円×30日=12000円/月

12000円×12ヶ月=144,000円/年

 

1年に14万円以上もタバコにお金を使う計算になります。

13インチのMacBookAirが買えてしまいます。

 

あと、時間について、仕事中に喫煙休憩みたいな感じで15分くらい抜けていく人がいますが、非喫煙者の自分としては微妙な気分になります。

その時間もお給料は発生しているのに、仕事中に喫煙で時間を使われるのはいかがなものかなと思ってます。

 

3.口が臭くなる

だいたい口が臭い人の胸ポケットを見るとタバコが入っていることが多いです。

また、コーヒーを良く飲まれる方だと、たばことコーヒーで口臭もさらに臭くなります。

会社の喫煙者の方は面会前に必ず口臭ケアをしていたので、喫煙される方で人に会う予定のある方は口臭に注意した方が良いかと思います。

 

また、喫煙によって口腔内の病原菌が繁殖することで、歯周病にかかりやすくなるということも知られています。

口臭だけでなく、歯周病で歯が抜け落ちてしまう危険性もあるので、喫煙されている方は気をつけた方が良いかと思います。

 

まとめ

喫煙のデメリットは上げればもっとあるかと思うのですが、とりあえず3つ上げておきました。

タバコから受けたダメージが回復するまでには10年以上かかるという情報もあったので、喫煙者の方は良く考えて吸われるのが良いと思います。

 

今は禁煙外来や禁煙補助の薬も出ているので、タバコがやめられない方は禁煙外来をやっている病院に行くのも手かもしれません。

 

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

医療系の記事はこちらもどうぞ!

[海外研究]高血圧の方がコーヒーを過剰摂取すると心血管イベントが増加!? 

テレビを見る時間が長い人は主要疾患での死亡リスクが高い!?米国立がん研究所の研究

 

海外での学会発表。自宅での食事回数が多い人ほど糖尿病になりにくい!?

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。